巨人・坂本 連覇から一夜明け、元気に先発も6戦ぶり無安打で途中交代 2000安打まで残り8戦で4本

[ 2020年10月31日 17:07 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年10月31日    東京D )

<巨・ヤ>3回2死二塁、坂本は投ゴロに倒れる (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)がリーグ連覇決定から一夜明けたヤクルト戦(東京D)で6試合ぶりノーヒットに終わり、7回の守備からベンチに退いた。

 ナイターで優勝が決まった前日からデーゲームとなったこの日も元気に「3番・遊撃」として先発出場。4打席に立ったが、3打数無安打で7回の守備からベンチに下がった。

 初回の1死二塁では外角直球に見逃し三振、3回には2死二塁で投ゴロ。5回には1死三塁から四球を選んで続く岡本の勝ち越し3ランを演出し、6回の1死二塁では遊ゴロだった。

 6試合ぶりノーヒットに終わった坂本。通算2000安打への道は残り8試合であと4本となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース