阪神・大山 自己最多更新の80打点 本塁打と最後まで“熱い”2冠争いだ

[ 2020年10月31日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-3DeNA ( 2020年10月30日    横浜 )

<D・神21> 7回無死、大山は左越え二塁打を放つ 撮影・平嶋 理子)                                                             
Photo By スポニチ

 ひと伸び足りなかった。3回2死一、二塁で、阪神・大山のバットが129キロスライダーを捉えた。ハマの虎党からも歓声が起こる。だが、打球は左翼フェンス直撃。強い風にも行く手を阻まれた。

 巨人の優勝が決まった東京ドームでは岡本が3回に28号2ラン。差は「2」に広がった。それでも虎の4番は、試合を優位に進める先制適時二塁打を喜んだ。

 「チャンスだったし、初回は凡退していたので、ランナーを還すことに集中していた。先制できて良かった」

 3試合連続打点で、シーズン80打点に到達。自己ベストを再び更新した。7回にも先頭打者で左越え二塁打。感触は悪くない。10月の月間打率も.330のハイアベレージを残している。矢野監督も「調子が良いというか、地力もついてきている」と認めた。

 V逸が決まった。残り8試合はタイトル争いに専念することができる。だが、大山の基本的な考えは変わらない。「勝利のために打つ」――。貫いた上で2冠に挑戦する。 (鈴木 光)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース