ファウル、またファウル…角中VSジョンソン“17球勝負”で沸かせた

[ 2020年10月31日 16:44 ]

パ・リーグ   ロッテ―楽天 ( 2020年10月31日    ZOZOマリン )

 実に1打席で17球の勝負にスタンドが沸いた。

 7回2死の場面で打席にはロッテ・角中。マウンド上には途中加入の楽天・ジョンソンがいた。

 角中は2ボールからストライクを1球見逃し、そこから5球連続でファウル。

 さらに9球目のボールを挟んで、ここから7球連続ファウルと粘りに粘った。

 スタンドからは1球ごとに拍手。最後は17球目で空振り三振となり、軍配はジョンソンに上がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース