中日 不敗神話「37」でストップ V完全消滅も、8年ぶりAクラス入りへ残り7戦全力

[ 2020年10月31日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3-17広島 ( 2020年10月30日    ナゴヤドーム )

<中・広21>広島に大敗し、険しい表情の与田監督(右は伊東ヘッドコーチ)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 17失点の投壊で、中日は、優勝の可能性が完全消滅した。

 3―2の7回に谷元がつかまり4失点で逆転を許すと、8回には藤嶋が2本の2ランを浴び、9回は佐藤が7失点。6回終了時にリードしていた試合の連勝は2分けを含む37で止まった。

 与田監督は9年連続のV逸に「最後までやることをやった上で、いろんなことを総括したい」と一言。まずは8年ぶりのAクラス入りを目指し、残り7試合に全力を注ぐ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース