連覇一夜明けの巨人 “岡本さん”29号3ランに丸も27号で続いた!2者連続弾 丸は8戦5発猛チャージ

[ 2020年10月31日 16:08 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年10月31日    東京D )

<巨・ヤ>5回1死一、三塁、岡本は勝ち越し3ランを放ち、菅野から手荒い祝福を受ける (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の4番・岡本和真内野手(24)と5番・丸佳浩外野手(31)がリーグ連覇決定から一夜明けたヤクルト戦(東京D)の5回に2者連続となる29号3ラン&27号ソロ。リーグ単独1、2位となった。

 ナイターで優勝が決まった前日からデーゲームとなったこの日も岡本は「4番・三塁」、丸は「5番・中堅」として元気に先発出場。1―1で迎えた5回、ヤクルト先発右腕・小川から1死一、三塁で岡本が左中間スタンド中段へ勝ち越し3ランを放つと、丸は右中間スタンド中段へ27号ソロで続いた。岡本は1ボール1ストライクから真ん中に入った3球目の甘いフォーク、丸は2ボール1ストライクから真ん中に入った4球目スライダーをそれぞれ叩いた。

 岡本はリーグ連覇を決めた前日30日の同戦から2試合連発となる29号3ラン。試合前まで26本塁打でリーグ2位に並んでいた丸(巨人)、大山(阪神)、村上(ヤクルト)をこの時点で3本差に突き放した。だが、即座に2者連続弾を放った丸が27号ソロでリーグ単独2位に。丸は今月チーム最多の10本目で、最近8戦5発の猛チャージとなった。

 ▼巨人・岡本 打ったのは落ちる系の球ですね。いい感触で打てました。逆転できて良かったです。打てて良かった。

 ▼巨人・丸 打ったのはスライダー。岡本さんがいいバッティングをしたので、自分もいいイメージで打つことができました。岡本さん、いつもありがとうございます。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース