阪神 3年ぶり2桁勝利の秋山は早くも切り替え「信頼されるピッチングができるよう、今日から頑張る」

[ 2020年10月31日 19:05 ]

セ・リーグ   阪神13―5DeNA ( 2020年10月31日    横浜 )

<D・神>10勝目をあげた秋山(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 先発した阪神・秋山拓巳投手(29)が6回8安打3失点と粘投し、今季10勝目。ヒーローインタビューでは「10勝かかってましたし、序盤からたくさんの援護をいただいたので、なんとか期待に応えようと、一生懸命投げました」と汗をぬぐった。

 ロペスとオースティンに一発を浴びたものの、無四球と持ち味の制球力を発揮して試合を作った。2桁勝利を挙げたのは17年の12勝以来。右腕は「次回はもっと、来季に向けて信頼されるようなピッチングができるよう、また今日から頑張っていきたい」と早くも次戦に切り替えていた。

 ▼阪神・矢野監督 すごいビックリするような速い球があるとか、そういうピッチャーじゃない。それは秋山自身も心得ていると思うし。それでフォアボールを出していたらピッチング的には苦しくなるんで。速いボールで抑える人もいれば、アキみたいなピッチングで抑えるというのもピッチャーとしては必要なところ。そういうところを示してくれている所では、こういうタイプのピッチャーがいれば参考になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース