阪神、5回打者10人で一挙6得点 大山適時打で82打点目

[ 2020年10月31日 16:16 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年10月31日    横浜 )

<D・神>5回1死満塁、大山は中前に2点適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が6点リードの5回に打者10人、一挙6得点の猛攻で、DeNAに牙をむいた。

 まずは大山が1死満塁から中前2点適時打で2得点。82打点目をあげ、打点リーグ3位のビシエドに並んだ。続くサンズもこの日3安打目となる左前適時打で10点目をあげると、陽川は敬遠で再び1死満塁。木浪が左前適時打で11点目、さらに坂本の投ゴロの間に三塁走者が生還し、13―1とした。

 打線がつながり、2回以外は毎回得点と勢いが止まらない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース