ロッテ朗希 公式戦デビューお預け…井口監督が明言「順調に上がってこない」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗
Photo By スポニチ

 ロッテの井口監督がルーキー佐々木朗の今季デビューを断念した。

 今月中旬には2軍登板を経て、今季中の1軍登板を検討していたが「まだ、試合に投げられるレベルまでこない。今季中の登板が難しそうなのでフェニックスで投げられるように調整させようと思っている」と話し、11月8日開幕の宮崎フェニックス・リーグでの実戦デビューを目指す。開幕から1軍に同行してきた163キロ右腕だが、27日の福岡遠征から2軍に合流。チーム事情も西武、楽天とのCS争いが激化しており、ルーキーを試すことも難しくなった。指揮官は「(ブルペンで)前に見たときは150キロちょっとぐらい投げていたので、もう少しと思ったが、順調に上がってこない。本人とトレーナーと投手コーチで話したと聞いている」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース