九州国際大付 敗戦も先発・山本が8回1失点の好投 楠城監督「今シーズン一番良かった」

[ 2020年10月31日 19:38 ]

秋季九州大会1回戦   九州国際大付1―4明豊 ( 2020年10月31日    長崎県営野球場 )

<九州国際大付・明豊>先発した九州国際大付の山本
Photo By スポニチ

 九州国際大付は9四死球を選んだが、明豊の太田、京本の投手リレーの前に3安打と打線があと一本出なかった。楠城徹監督は「打つ方が力不足だった」と唇をかんだ。

 一方で収穫もあった。先発の山本は8回1失点の好投。140キロ台前半の直球をマークするなど、ボールには切れがあった。指揮官は「今シーズン一番良かったと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース