ソフトB・周東“世界記録”だ13試合連続盗塁 メジャー「12」を51年ぶり抜き去った

[ 2020年10月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3西武 ( 2020年10月30日    メットライフD )

<西・ソ>7回1死一塁で二盗に成功する周東(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 いつも通り、あっさり決めた。3―0の7回1死から左前打で出塁したソフトバンク・周東が、けん制球を3度もらった後の3球目にスタートを切る。クイックが1・2秒を切る左腕・小川から難なく二盗を決め「リードはでかく取れた。チャンスがあればと思っていた」と振り返った。

 13試合連続盗塁。前日29日のロッテ戦で71、74年に福本豊がマークした11試合連続の記録を塗り替えたばかりのスピードスターが、今度は69年にアスレチックスのバート・キャンパネリスがマークした12試合連続のメジャー記録も上回る「世界記録」となった。メジャー記録については松田宣から何度も聞かされ、知っていた。先輩から重圧をかけられながらの達成となったが「あまり実感はないです」と苦笑いを浮かべた。

 キャンパネリスはメジャー通算649盗塁を記録し、盗塁王を6度も獲得。65年には1試合で全9ポジションをこなすなど野球センスに秀でた選手だった。87、88年の2年間は西武でコーチを務めたこともある。当時、西武に在籍していた工藤監督は「2年間、一緒にやったのは覚えています。(メジャー)記録を持っていたのは知らなかった」と懐かしんだ。

 チームがプロ野球記録に並ぶ月間21勝目を挙げたことについては「選手たちが、優勝しても自分たちの野球をやってくれている結果」と目を細めた。

 周東は「いろいろ言われるのはうれしいですけど浮かれないように」と表情を引き締める。どこまで記録は伸びるのか。リーグ優勝が決まっても、ファンに楽しみは尽きない。(川島 毅洋)

 ≪月間23盗塁は4位タイ≫周東の13試合連続盗塁は日米通じて最長記録となった。大リーグの連続試合盗塁記録は、バート・キャンパネリス(アスレチックス)が69年6月10日から21日までにマークした12試合連続。また、周東はこれで10月23盗塁。月間23盗塁は64年8月の高木守道(中)、72年5月の福本豊(阪急)に並ぶ史上4位タイ。プロ野球記録は72年8月、福本の27盗塁となっている。

 ≪日本タイ月間21勝≫ソフトバンクは10月21勝目。月間21勝は53年9月の巨人、54年8月の中日、02年8月の西武に並ぶプロ野球タイ記録となった。31日の西武戦に勝てば新記録となるがどうか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース