健大高崎が関東大会優勝へ王手 専大松戸下す

[ 2020年10月31日 12:36 ]

秋季高校野球関東大会 準決勝   高崎健康福祉大高崎9―2専大松戸 ( 2020年10月31日    千葉県野球場 )

<秋季高校野球関東大会 準決勝 健康福祉大高崎・専大松戸>5回、右翼越えに本塁打を放つ健大高崎・小沢(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 第73回秋季高校野球関東大会は31日、準決勝2試合が千葉県野球場で行われる。高崎健康福祉大高崎(群馬1位)は専大松戸(千葉3位)に9―2で7回サヨナラコールド勝ちし、2年連続となる秋季関東大会制覇まであと1勝とした。

 今大会、18回無失点を続けてきた専大松戸のエース右腕・深沢を攻略に成功した。初回、併殺崩れの間に1点を先制すると、3回まで4点を奪い深沢をKO。その後も5回に4番・小沢が2ランを放つなど追加点を重ねた。先発の野中は5回無失点の好投。投打がかみ合い大差で勝利した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース