広島・床田 課題の初回乗り切り4勝目 セットで制球乱し反省も

[ 2020年10月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島17-3中日 ( 2020年10月30日    ナゴヤドーム )

<中・広21>力投する先発の床田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 先発した広島の床田が6回5安打3失点で、2日ヤクルト戦以来となる今季4勝目を挙げた。

 課題の初回をわずか8球で3者凡退に封じると、序盤3イニングを完全投球。抜群の立ち上がりを「低めでストライク先行することができた。自分のリズムで投げられたと思う」と振り返った。

 ただ、4、5回の失点はいずれもセットポジション時に制球を乱したことが起因。「逆球を打たれたり、バラバラになった。(次回の登板があれば)そういうのをなくしたい」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース