ヤンキース・田中 29日に帰国していた 14日間の自主隔離中「家族と楽しい時間を」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中が29日に帰国したと自身のツイッターで明かした。「14日間の自主隔離に入ります。せっかくなので家族と楽しい時間を過ごしたいと思います」とつづった。

 FAになった田中の契約についての進展はなし。一方で29日(日本時間30日)、ヤ軍は来季の契約交渉がスタート。救援左腕ブリトンが2年総額2700万ドル(約28億800万円)で契約延長。外野手ガードナー、先発左腕ハップは、それぞれ年俸1000万ドル(約10億4000万円)と同1700万ドル(約17億6800万円)での来季契約選択権を破棄すると報じられた。

 11月1日(日本時間2日)まで田中との独占交渉権を持つヤ軍。規定額1890万ドル(約19億6600万円)で単年契約を求める「クオリファイング・オファー」提示があるか注目が集まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース