西武・山川は今季絶望 右足首痛治療に専念 辻監督「来年バッチリいけるように」

[ 2020年10月31日 17:30 ]

西武・山川
Photo By スポニチ

 西武・山川穂高内野手(28)が31日、右足首痛の治療に専念するため、出場選手登録を抹消。ポストシーズンを含めて今季中の復帰が絶望的となり、3年連続の本塁打王が消滅した。

 31日のソフトバンク戦後に取材に応じた辻監督は「思うようなバッティングもできないし、結果も出ない。そういう姿を見ているとかわいそうで。話をして来年バッチリいけるようにと。(ポストシーズンは)難しいと思います」と説明した。

 山川は8月9日の日本ハム戦で右足首を捻挫。ここまで102試合に出場し、24本塁打、73打点をマークする一方、打率・205と不振を極め、9月下旬からはベンチを温める試合も多くなっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース