巨人ビエイラ 163キロ最速タイ締め!V決定にマウンドで喜び爆発「みんなの努力のたまもの」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―3ヤクルト ( 2020年10月30日    東京D )

<巨・ヤ>10回2死三塁、村上を三振に打ち取り派手なガッツポーズをするビエイラ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のビエイラが魂の直球でリーグ優勝を決めた。 試合結果

 延長10回に登板。2死三塁のピンチを招いたが、最後は村上の内角に自己最速タイの163キロ直球を投げ込んで見逃し三振。この瞬間に優勝が決まったとあって、マウンドで喜びを爆発させ「チームみんなの努力のたまもの」と白い歯をこぼした。抑えのデラロサは3―2の8回2死二塁から投入されたが、エスコバーに右中間を破る同点三塁打を許した。それでも続投した9回は簡単に3者凡退。今季16セーブの右腕は「喜ぶのは日本シリーズを勝った時に取っておきます」と冷静に語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース