智弁学園が市和歌山下し決勝進出 背番号10小畠が1失点完投

[ 2020年10月31日 13:01 ]

令和2年度秋季近畿地区高校野球大会 準決勝   智弁学園4―1市和歌山 ( 2020年10月31日    わかさスタジアム京都 )

<秋季近畿大会準決勝 智弁学園・市立和歌山>完投勝利を飾り、ガッツポーズをする智弁学園・小畠(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 智弁学園が市和歌山を下し、優勝した11年以来9年ぶりの決勝進出を決めた。今大会初登板の背番号「10」小畠一心投手(2年)が先発し、7安打5四死球で3、9回以外は毎回走者を出したが、要所を締め1失点完投。初回2死満塁から「6番・一塁」の三垣飛馬(2年)が放った中越えへの走者一掃の先制3点二塁打が決勝打となった。

 市和歌山は最速152キロを誇るエース右腕・小園健太投手(2年)が5回から登板し4回無失点に抑えたが、攻撃では6回の押し出し四球による1得点にとどまった。

市和歌山 000001000―1
智弁学園 31000000X―4
(市)米田、伊藤、小園―松川
(智)小畠―安藤

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース