楽天 独り勝ち!岸が8回1失点で無傷6勝目、CS争い3チームが1・5差に

[ 2020年10月31日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―1ロッテ ( 2020年10月30日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>8回を投げ終えグラブを叩く岸(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天がベテラン右腕の魂の力投で逆転CSに望みをつないだ。ロッテとの今季最後の3連戦。ローテーションを変更し、初戦の先発は経験豊富な岸を中7日で送り込んだ。尻上がりにテンポが良くなり、8回4安打1失点、10奪三振。無傷の6勝目を挙げて「もう負けられないので。変に力むことなく投げられた」と納得の表情だ。

 春先に腰を痛め、シーズン前半は2軍落ちも経験した。「(コロナ禍で)調整の難しさはあったとしても言い訳にならない」。少しずつ調子を上げ、10月は5戦4勝。三木監督は「負けられない状況で力を発揮するのはさすが」と称賛した。

 チームは2連勝。順位は4位のままだが、2位・ロッテと1・5ゲーム差となった。混戦のCS争い。百戦錬磨の男の存在は頼もしい。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース