ヤクルト・村上 勝ち越し24号3ラン 8月に入り6試合で4発と本塁打量産

[ 2019年8月7日 19:37 ]

<ヤ・神>4回1死一、三塁、村上(左から2人目)は右中間3ラン(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が勝ち越し弾を放った。7日の阪神戦(神宮)に「6番・一塁」で先発出場。同点の4回1死一、三塁から青柳の内角低めの球を右中間スタンドに運んだ。

 4日の中日戦以来、2試合ぶりの24号3ラン「打ったのは直球です。内角の球でしたが、うまく反応して打つことができました」。これで8月に入り6試合で4発と本塁打を量産。打点も76に上積みした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース