履正社 1番・桃谷が1試合2発 春の悔しさ胸に「全力で戦って全国制覇を」

[ 2019年8月7日 11:00 ]

第101回全国高校野球選手権大会 1回戦   履正社11―6霞ヶ浦 ( 2019年8月7日    甲子園 )

<第2日第1試合 霞ケ浦・履正社>1回無死、履正社・桃谷は右越えに先頭打者本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会の第2日は7日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合は履正社(大阪)が11―6で霞ケ浦(茨城)を下して2回戦進出。1番・桃谷(3年)が先頭打者弾を含む2本のソロ本塁打を放ち、リードオフマンとして、大会タイ記録となる1チーム1試合5本のホームランを放った打線をけん引した。

 まずは初回、先頭打者として入った第1打席。最速148キロを誇る相手先発右腕・鈴木寛(3年)に対し、カウント2-2からの5球目、真ん中高めに浮いた145キロの直球を強振。「塁に出ることを目標にした延長がホームランになった」と逆方向の右翼席へ入る先頭打者本塁打となった。

 10―6と4点差に迫られた9回には「チーム的にもう1点欲しい場面で1本を出せたのが大きかった」と、この日2本目となるアーチを今度は左中間スタンドへ。桃谷は「公式戦では(2本塁打は)なかったんで驚いてます」と話しながらも「冬のトレーニングの成果が出て、積極的に振れた」と自信に満ち溢れた表情。

 今春の選抜大会では1回戦、星稜(石川)に3安打完封負けを喫した。「あの負けがあったからこそ、(夏にかけて)良くなっていけた」と振り返り「一戦、一戦、全力で戦って全国制覇をすることが目標」と力強く語った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース