八戸学院光星の「坂本2世」武岡は3安打 甲子園初長打も「何で入らないかな」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第1日1回戦   八戸学院光星9―0誉 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<誉・八戸学院光星>4回2死二塁、適時打を放ち、ガッツポーズする八戸学院光星・武岡(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 八戸学院光星の「坂本2世」こと武岡主将は、3安打2打点と気を吐いた。6回1死二塁では中堅フェンス直撃の適時三塁打。3季連続出場の中でも甲子園では初長打に「何で入らないかな。でも会心の当たり」と笑った。

 試合前には青森大会で6戦全敗だった先攻、後攻を決めるじゃんけんで勝利。始球式を務めるのは井端弘和氏とあって「個人的に井端さんの始球式に立ち会いたかった」と先攻を選択し、1番打者としてモチベーションにつなげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース