【市川いずみの届け夏エール】“努力の人”誉・沢野聖悠君の悔し涙 プロで「子供たちのお手本に」

[ 2019年8月7日 05:00 ]

第101回全国高校野球選手権大会 1回戦   誉0―9八戸学院光星 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<誉・八戸学院光星>ガックリと三塁側アルプスの応援団にあいさつに向かう誉ナイン(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 “努力は裏切らない”という言葉を体現した誉の遊撃手・沢野聖悠君は悔し涙が止まりませんでした。野球を始めたのは小学6年。それまではサッカー少年で、中学時代も背番号はずっと二桁です。しかし中学3年の時にテレビで見た平沢大河選手(現ロッテ)に憧れ「絶対、プロ野球選手になる」。そう誓い誉に進学しました。

 もともと外野手でしたが、矢幡真也監督に見初められ内野手へコンバート。1メートル83の長身を最初は上手く使えませんでしたが、毎日のストレッチで柔軟性を高め球際も強くなりました。「肩には自信がある」と話すように守備位置は緑の芝生の上。祖父が買ってくれた赤いグラブで軽快に打球を処理しました。

 入学時68キロだった体重も毎日大きなお弁当を5つ持って学校に通い、84キロにまで増量。3月の練習試合では7試合連続本塁打を放つなど高校通算26本を放ちました。毎朝5時に起きての朝練は3年間一度も怠らず、6球団のスカウトが来るまでの選手に成長。初聖地は無安打に終わりましたが「子供たちのお手本になる選手になります」。甲子園での快音はプロになって響かせてくれるはずです。

 ◆市川 いずみ 京都府出身のフリーアナウンサー。山口朝日放送時代に高校野球の実況で「ANNアナウンサー賞最優秀新人賞」を受賞。高校野球検定に合格し、自宅に甲子園の土を飾るほど生粋の高校野球好き。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース