ダルビッシュ 10日のレッズ戦に向けブルペンで27球 入念フォーム調整

[ 2019年8月7日 20:21 ]

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が6日(日本時間7日)、9日(10日)のレッズ戦に向けブルペン入りし、途中から捕手にサインを出してもらうなどしながら27球を投げた。

 今季4勝目を挙げた4日のブルワーズ戦は体調不良を辛抱しながら投げたため、フォームが若干狂ってしまっていると明かす。「この前の試合のこともあるし、少しフォームが良くなかった」・投球練習後もマウンドに立ってシャドーピッチングを行ってた。

 「今の自分は昔の自分と違うから、明日になれば大丈夫だと。悪いときに、色々やらないのがいい」と自己分析。投球練習のあとは、2日続けて打撃練習。柵越えこそなかったが、右左両打席に立って、快音を響かせていた。(シカゴ・奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース