阪神・熊谷 練習試合で頭部死球を受け担架で退場 検査後には「大丈夫です」と問題なしを強調

[ 2019年8月7日 17:14 ]

阪神の熊谷敬宥内野手
Photo By スポニチ

 阪神の熊谷敬宥内野手(23)が7日、2軍の大阪市大との練習試合で頭部死球を受けて退場した。

 8回の先頭打者として打席に入り、2ボールからの3球目がヘルメットに直撃。その場で倒れ込み、担架で運ばれた。

 そのまま球団トレーナーに付き添われて病院で検査を受けた後、選手寮に戻ってきた際には「大丈夫ですよ。意識もありましたし。あのまま試合にも出られた」と問題なしを強調。平田2軍監督は「相手のピッチャーがすごく気にしていて」と相手投手の心情を思いやった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース