中日 投手陣が崩れ大敗…先発の山本6与四球に「向かっていくことができませんでした」

[ 2019年8月7日 21:35 ]

セ・リーグ   中日3―9巨人 ( 2019年8月7日    ナゴヤD )

<中・巨>汗を拭いベンチに戻る山本(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は投手陣が崩れ、大敗を喫した。

 先発・山本が6回5失点。6与四球と制球に苦しみ、5回に丸、阿部に2ランを被弾。「ボール先行でストライクを取りにいったボールを打たれてしまいました。相手と勝負することができず、向かっていくことができませんでした」と反省した。

 与田監督も「今日は制球かな。四球が6つ。全体的にコントロールがうまくいきませんでしたね」と指摘した。

 打線が6回に3点を奪ったものの、7回に2番手・祖父江が4失点。反撃ムードもしぼみ、連勝とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース