巨人、連敗脱出へ2発で4点追加!丸が弾丸19号2ラン 1カ月ぶりスタメン阿部も4号2ラン

[ 2019年8月7日 19:22 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2019年8月7日    ナゴヤD )

5回2死一塁、丸は右越え2ランホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 4回に1点を先制した巨人は、5回に丸の19号2ラン、阿部の4号2ランで一挙4点を追加。一発攻勢で中日を突き放した。

 2死走者なしから坂本勇が四球を選ぶと、丸が右翼席へ弾丸ライナーの2ラン。さらに4番・岡本が2打席連続安打となる左中間二塁打で続くと、7月7日DeNA戦以来のスタメン起用となった阿部が右越えに2ランを放った。

 丸は「打ったのはストレート。とにかく良い準備をして打席に入りました。今日はなんとしてでも勝つ!!」阿部も「打ったのはチェンジアップ。変化球を意識して打席にはいりました。良い結果になって良かったよ」とコメントした。

 広いナゴヤドームで“お家芸”の一発攻勢。6連敗中の悪い流れを払拭するビッグイニングとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース