ヤンキース 6本塁打で記録更新 田中は11日のブルージェイズ戦先発見込み

[ 2019年8月7日 16:17 ]

ア・リーグ   ヤンキース9―4オリオールズ ( 2019年8月7日    ボルティモア )

6号ソロを放つヤンキースのメイビン(AP)
Photo By AP

 ヤンキースは6日(日本時間7日)、6本塁打でオリオールズを下し7連勝とし、前日大リーグ記録を更新した同じ敵地でのシーズン最多本塁打記録を38発に更新した。

 同一シーズンに敵地で5本塁打以上を4試合記録したのも史上初めて。「いい集中力で試合に臨めている」とアーロン・ブーン監督。

 前日先発し、6回途中5失点だった田中はノースローで室内調整。次回は中4日で10日(同11日)の敵地でのブルージェイズ戦先発が見込まれている。(ボルティモア・後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース