好調DeNA勢「W受賞」 山崎&ロペスが7月の月間MVPに輝く!

[ 2019年8月7日 13:00 ]

月間MVPを受賞した山崎(左)とロペス(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの山崎康晃投手、ホセ・ロペス内野手が、7月度「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。月間15勝をマークした好調DeNAから「W受賞」となった。

 ロペスは24試合に出場して打率・271、8本塁打、28打点。月間6度の勝利打点と勝負強さが光った。「光栄に思います。この数字を残せたのはうれしいが、チームに貢献することだけを意識している」と振り返った。勝負の終盤戦へ「チームメートと一緒に自分たちらしく、楽しく、プレッシャーを感じずに明るく元気にプレーしていきたい」と話した。

 山崎は12試合に登板して1勝0敗、防御率0・75を誇り、7月17日の広島戦では史上最年少(26歳9カ月)での通算150セーブも達成した。「たくさんの方々に支えられた」と周囲への感謝の思いを口にした不動の守護神は「チームの最後を担うポジション。胴上げ投手になれるように、そこに向けてしっかり準備していきたい」と頂点を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース