日本ハム・清宮 8打席ぶり安打、左翼守備でもフェンス激突好捕

[ 2019年8月7日 23:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―6オリックス ( 2019年8月7日    札幌D )

<日・オ>2回無死一塁、安打を放つ清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が8打席ぶりの安打を放った。2回に渡辺のソロ、宇佐見の適時打で2点を返し、なおも無死一塁。カウント1―0から山岡の浮いたスライダーを打ち損じたが、中前にポトリと落ちた。この一打で好機を広げ、その後2死一、二塁から谷口の同点中前適時打につなげた。

 試合前にはNHKの20年東京五輪応援ソング「パプリカ」を歌う小学生ユニット「Foorin」と記念撮影するなどして交流。この日はいつもの人気SF映画「スター・ウォーズ」のテーマ曲から「パプリカ」に登場曲を変え、気分一新した打席で結果を残し、「パプリカパワーです」と感謝。それでもその後の3打席は凡退に終わっただけに「甘い球ばかりだったけど、打ち損じた。(体が)前に出されてしまってもったいなかった」と反省も忘れなかった。

 左翼守備でも気迫を見せた。3点ビハインドとなった4回1死一、二塁の場面では、モヤが左翼ファウルゾーンに打ち上げた飛球をフェンスに激突しながら好捕。「普段からノックで追っていて、いつもの感じから取れると思って走っていた。日頃からやっていた成果かなと思う」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース