誉 林山「100点」選手宣誓も八戸学院光星に完敗「悔しすぎて泣けません」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第1日1回戦   誉0-9八戸学院光星 ( 2019年8月6日    甲子園 )

第101回全国高校野球選手権大会の開会式で、選手宣誓をする誉の林山侑樹主将
Photo By 共同

 春夏を通じて初出場となった誉の林山侑樹主将(3年)は開幕試合で完敗に「自分たちのプレーができずに終わってしまった。悔しすぎて泣けません」と唇をかんだ。

 選手宣誓の大役をこなし、開幕試合は「5番・捕手」で先発出場。初回、先発の杉本の乱調を制御できず、3四死球で2死満塁から内角直球を左中間席に運ばれた。「最初からフルで(力を)出させてあげられなかった。内角を攻めすぎた」と自身のリードを責めた。

 「たくさんの思いが込められ重く輝くバトンを託された私たちは、この101回目の大会を記憶に残る大会にすることを誓います」とした選手宣誓については「多くの人に感謝の気持ちだった。自分としては100点」と話した。打撃でも3打数無安打に終わったが「こんな舞台は一生に一度。みんなとやれてよかった」と最後は晴れやかな表情だった。 (北野 将市)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース