マー君 8勝目ならずも新スプリット手応え「今は我慢、耐える時」

[ 2019年8月7日 02:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース9-6オリオールズ ( 2019年8月5日    ボルティモア )

ヤンキース先発の田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中は5日(日本時間6日)、5回1/3を10安打5失点で勝敗は付かなかった。6―1の6回、2点差に迫られ、なお1死三塁で降板。2番手投手が同点2ランされ、手にしかけた8勝目も消えた。

 「かなり自分に対しフラストレーションがたまる感じです。自分でトライし、修正している中で、試されている部分もある」

 前回登板からスプリットの握りを深く、大幅に変えた。決まれば空振りを奪えるが、まだ安定感が十分ではない。「精度を高めないといけない。今は我慢、耐える時だと感じている」。決め球への手応えは増した一方で、完成はまだ先。勝負の10月に向け、宝刀を磨くことが不可欠となる。(後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース