DeNA・宮崎 左手を痛め交代 ラミレス監督「もしかしたら何日か前から痛めていたかも」

[ 2019年8月7日 22:13 ]

セ・リーグ   DeNA4―0広島 ( 2019年8月7日    マツダ )

<広・D>6回2死一塁、痛みを訴える宮崎(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 DeNAの宮崎敏郎内野手が広島17回戦(マツダスタジアム)で左手を痛めて負傷交代した。

 6回の打席で2ボールからの3球目にファウルを放った際に顔をゆがめ、6球目のファウルの際に再び苦痛な表情を見せて、代打が送られていた。試合途中に治療のため宿舎に戻った。

 ラミレス監督は「昨日も気にしていたので、もしかしたら何日か前から痛めていたかも」と話し、今後については状態を見て判断することになりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース