メッツ快進撃 マーリンズを退け5連勝 球宴後は24戦で18勝

[ 2019年8月7日 11:30 ]

5回に36号本塁打を放ったメッツの新人アロンソ(AP)
Photo By AP

 メッツは6日、地元ニューヨークでマーリンズを5―0で下して5連勝。ここ13戦で12勝目を挙げ、ナ・リーグ東地区で4位(58勝56敗)ながらワイルドカードでのプレーオフ進出を視野にとらえた。球宴後の後半戦は18勝6敗で、これはリーグ全体でトップの好成績。先発のザック・ウィーラー(29)は8回で8安打を許しながらも無失点で切り抜け、今季9勝目(6敗)を挙げた。

 打線もウィーラーを援護。3回にウィルソン・ラモス(31)が12号3ランを放ち、球宴のホームラン・ダービーを制した新人のピート・アロンソ(24)は5回に36号ソロ(ナ・リーグ3位)をマークした。

 マーリンズは5連敗を喫して42勝70敗。ここ8戦では7敗目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース