立命館宇治の左腕・高木が3安打で完封 終盤ピンチの連続も気迫の粘投「しんどかったです」

[ 2019年8月7日 18:29 ]

<立命館宇治・秋田中央>3安打完封勝利を挙げ、ナインとハイタッチをかわす立命館宇治・高木(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会は7日に1回戦の4試合を行い、第4試合では立命館宇治の左腕・高木要(3年)が121球を投げて、3安打、7奪三振で秋田中央(秋田)を1―0で完封。終盤に訪れた再三のピンチを切り抜けて母校に悲願の甲子園初勝利をもたらした。2回戦(第8日)では、この日旭川大高(北北海道)を同じく1―0で下した星稜(石川)と激突。高木は大会屈指の右腕・奥川恭伸(3年)と顔を合わせることになった。

 最後まで秋田中央打線にホームを踏ませなかった高木は「勝ててうれしい」と笑顔を見せながらも「しんどかったです。終盤はピンチばかりで球も上ずって苦しかった」と7回以降に直面した危機的状況を振り返った。

 7回は2つの死球と内野安打で無死満塁。しかし6番の斉藤を投ゴロに仕留め、続く7番の佐々木を遊ゴロの併殺打に斬ってとった。8回は8番の松平(3年)を歩かせ、犠打、暴投で1死3塁。しかしここでも踏ん張り、1番の新堀からは4打席連続の三振を奪った。このあと2死1、3塁となったが3番・河野を三ゴロに抑えてピンチを脱出。9回1死2塁でもタイムリーは許さず、見事な完封勝利を収めた。

 春夏併せて初めて校歌を聞いた里井祥吾監督は「相手はまとまったいいチームだった」と秋田中央の健闘を称えたあと、「諸先輩たちの築いた歴史の重みを感じながら戦いました」と悲願の初勝利に感無量の面持ち。完封勝利を挙げた高木については「大会前まで調子は良くなかったのですが、本番に強いところを見せてくれました。成長している証(あかし)だと思います」とたくましくなったエースの奮闘を高く評価していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース