西武、パ最速500失点…33歳バースデー先発・榎田が元同僚の浅村に2ラン被弾

[ 2019年8月7日 18:12 ]

パ・リーグ   西武ー楽天 ( 2019年8月7日    メットライフD )

楽天・浅村
Photo By スポニチ

 西武は7日、楽天戦の初回に2失点し、今季パ・リーグ最速となる101試合目での500失点を喫した。

 先発の榎田は自身初のバースデー先発。33歳の誕生日に、6月8日以来2カ月ぶりの先発マウンドに上がった。初回、楽天の1番・茂木を邪飛に打ち取る立ち上がり。だが、2番・島内に死球で出塁を許すと、迎えた3番・浅村に初球を右スタンドへ運ばれいきなり2失点。元同僚の24号2ランでパ・リーグ最速となる500失点目を許した。

 一方、得点はこの日までに両リーグで唯一500点を超えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース