ロッテ・レアード 7月25日以来の30号!球団では李スンヨプ以来14年ぶりの大台

[ 2019年8月7日 19:33 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2019年8月7日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>4回無死一塁、レアードが2ランを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードが4回無死一塁でスアレスの直球を捉え、左翼スタンドに2ランを放った。7月25日以来の一発で、来日5年で4度目の30号到達。球団では05年の李スンヨプ以来14年ぶりの30号の大台だった。

 レアードは「ヒサシブリ…。ここのところ打てなかったので、幕張スシも閉店してしまうんじゃないかと心配だった。またお客さんに喜んでもらえるように頑張るよ」と、さっそく三木を相手にスシを握っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース