佐賀北“がばい旋風”再来ならず 3失策が全て失点に…久保監督「采配らしい采配できなかった」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第1日1回戦   佐賀北2-7神村学園 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<第1日第2試合 神村学園・佐賀北>初戦敗退にガックリの佐賀北ナイン(右は久保監督)  (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 佐賀北は計3失策が全て失点につながり、07年の全国制覇に続く旋風はならなかった。12年前は同校のエースとして“がばい旋風”と称される快進撃を支えた久保監督は「采配らしい采配はできなかった。全国で、自分たちの流れで試合をやる難しさを感じた」と唇をかんだ。

 初回に野選や失策が重なり3失点。7回は右翼手の江藤が桑原の右前打を後逸し、桑原の生還も許した。小野主将は「ミスは出るもの。自分たちの力が足りなかったということ」と潔く話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース