中日・大島 背中に死球受け途中交代 与田監督「様子を見るための交代」と軽症を強調

[ 2019年8月7日 21:39 ]

セ・リーグ   中日3―9巨人 ( 2019年8月7日    ナゴヤD )

中日の大島
Photo By スポニチ

 中日・大島が死球の影響で途中交代した。

 6回1死でメルセデスの球が背中に当たり、悶絶。そのまま出塁し、ビシエドの適時二塁打で生還。7回も守備に就いたが、8回から遠藤と代わった。

 大島は7月30日の阪神戦でも背中付近に死球を受けていた。与田監督は「前回と同じ背中。珍しく痛がっていたので、様子を見るための交代。大きな問題ではない」と軽症を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース