中日・大野雄 7回零封7勝目 1000投球回まで残り1/3回「0点で頑張って抑えようと思った結果」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-0巨人 ( 2019年8月6日    ナゴヤD )

4安打2本塁打と大暴れの福田(右)と7回無失点で7勝目を挙げた大野雄は笑顔で肩を組む(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の大野雄が7回無失点の好投で7勝目を挙げ、通算1000投球回まで残り1/3回に迫った。7安打を浴び毎回走者を背負いながら要所を締め、「0点で頑張って抑えようと思った結果」とうなずいた。

 5回1死一、三塁では投ゴロ併殺、7回無死一、二塁では投直で飛び出した一塁走者を刺し、併殺に仕留めるなど自身の好フィールディングでピンチを防ぎ、「毎日、赤堀コーチのノックを受けている成果が出た。普段の練習が生きた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース