DeNA・上茶谷ワースト6失点KO 自身の連勝6でストップ チーム首位奪取ならず

[ 2019年8月7日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4-8広島 ( 2019年8月6日    マツダ )

5回、マウンド上で捕手・戸柱(左)、三浦コーチ(右)と話す上茶谷(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 DeNA・上茶谷は4回1/3を投げ、いずれも自身ワーストタイの9安打6失点KO。自身の連勝は6でストップし、5月11日以来の4敗目に「四球が多く、ピンチで粘れなかった。中継ぎの方や、先制してくれた野手の方に申し訳ない」と反省の言葉を並べた。

 2度のリクエストに泣いた。3―2の4回2死、アドゥワの三ゴロで緒方監督がリクエストを要求。リプレー検証で判定がセーフに覆り、続く西川に逆転2ランを浴びた。5回にも鈴木の二ゴロが再びリプレー検証で判定がセーフに覆り、その後2点を失った。「言い訳にならない。リズムが変わったことはない」と首を横に振った新人右腕だが、ラミレス監督は「影響はあったかもしれない」と話した。巨人が敗れたため、勝てば首位奪取だった。だが連勝を3で止め、3位・広島に0・5ゲーム差に迫られた。(町田 利衣)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース