中日ドラ2・梅津が1軍合流「新鮮な気持ちです」12日からの阪神3連戦での先発が濃厚

[ 2019年8月7日 16:09 ]

<中・巨>1軍に合流し、投手陣と一緒に汗を流す梅津(28)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト2位・梅津晃大投手(22=東洋大)が7日、1軍に合流した。

 1月の合同自主トレ期間中に右肩インピンジメント症候群と診断され、キャンプは2軍スタート。同じ東洋大からドラフト指名されたDeNA・上茶谷やソフトバンク・甲斐野には遅れを取ったが、ウエスタン・リーグで9試合に投げ3勝、防御率2・05。特に直近2試合の登板は8回1失点、6回無失点と好投し、1軍切符をつかんだ。

 ナゴヤドームでの練習後に取材に応じた右腕は「新鮮な気持ちです。2軍では最近、結果が良かったので1軍でも継続できるように」と意気込んだ。

 ナゴヤドームで行われる12日からの阪神3連戦での先発が濃厚で「今の自分の力以上を出そうとせず、今まで通りに。1年目なのでいろいろ考えず、怖いもの知らずで攻めていけたら」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース