旭川大高・能登 1失点完投も初戦敗退 投手戦演出の奥川に「負けないと思ってずっと投げた」

[ 2019年8月7日 16:41 ]

第101回全国高校野球選手権大会 1回戦   旭川大高0―1星稜 ( 2019年8月7日    甲子園 )

<旭川大高・星稜>甲子園の土を拾う旭川大高・能登(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 旭川大高(北北海道)は先発・能登が9回1失点の好投を見せたが0―1と接戦を落とし初戦で姿を消した。

 相手は最速158キロを誇るプロ注目右腕・奥川を擁する星稜(石川)。能登は「奥川くんはいい投手と言われていて、負けたくない、絶対に負けないとずっと思って投げた」とハイレベルな投手戦を披露した。

 初回、先頭の1番・東海林に対しボール球で空振りを誘い三振を奪うなど3者凡退の立ち上がり。2回に1点を失うも3回以降はスコアボードに0を並べた。

 結局、9回130球を1人で投げ切って9安打1失点の完投。打線が得点を奪えず完封負けを喫したが、奥川に負けない能登の力強い投球に甲子園からは大きな拍手が送られた。

 エースの力投に端場雅治監督も「最小失点に抑える満点のピッチングだっただけに、勝たせてやりたかった」と肩を落とした。
 

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月7日のニュース