井端弘和氏、ストライク始球式 長男と練習「調整はバッチリでした」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 開会式 ( 2019年8月6日    甲子園 )

<誉・八戸学院光星> 始球式を行った、井端弘和氏 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 中日、巨人で活躍し、現在は侍ジャパンで内野守備走塁コーチを務める井端弘和氏が開幕試合の始球式を務めた。八戸学院光星・武岡の内角低めにストライク投球。長男とのキャッチボールで練習してきただけに「調整はバッチリでした」と笑顔だった。

 堀越3年時の93年に夏の甲子園大会に出場し、2回戦・鹿児島商工戦で0―3の8回降雨コールド負け。「負けるにしても最後までやりたかった」と振り返りながらも「仲間と楽しさを分かち合いながら、貴重な3年間を過ごしてもらいたい」と球児にエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月7日のニュース