清宮 1軍昇格で札幌到着「やってやるぞという気持ち」 近藤抹消で起爆剤としての期待も

[ 2018年5月1日 19:31 ]

室内練習場でロングティーを行った清宮
Photo By スポニチ

 プロ入り後始めて1軍に昇格する日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が1日、2日の楽天戦(札幌ドーム)に備えて札幌市内の合宿所に到着した。

 開幕前に患った腹膜炎のため、開幕1軍メンバーを外れて2軍で調整していた大砲は、4月30日のイースタン・リーグ、DeNA戦後の帰りのバスの車中で1軍昇格の一報を聞いたそうで「急だったのでびっくりした。こんなに早くとは思っていなかった」と話しつつも、「結果を残さないといけない。やってやるぞという気持ち」と力強く話した。

 開幕から好調を維持していた中軸の近藤が故障で出場選手登録を抹消され、打線の起爆剤としての期待も懸かる。2日の楽天の先発はエース右腕・岸で「どれをとっても一級品ですし、日本を代表する投手であることは間違いない。もし対戦できるのであれば、対戦を楽しめれば」と対戦を待ちわびていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月1日のニュース