阪神快勝で5割復帰、秋山1失点完投&適時打 DeNAは今永4回KO

[ 2018年5月1日 21:00 ]

セ・リーグ   阪神7―1DeNA ( 2018年5月1日    甲子園 )

<神・D>力投する阪神先発の秋山
Photo By スポニチ

 阪神が初回からリードを奪い、13安打7得点でDeNAに快勝、2連勝で5割に復帰した。先発秋山が1失点完投に貴重な適時打を放ち、投打にわたる活躍を見せた。

 初回1死三塁から糸井の適時二塁打、2死一、三塁として糸原、俊介の連続適時打で3点を先制すると4回にも1死二、三塁から投手秋山の適時打、上本の犠飛、糸井の適時打で3点を追加し、6回には上本の1号ソロ本塁打で大きくリードした。

 投げても先発秋山が球威、制球良くDeNA打線に隙を与えず6安打1失点で完投、4月7日の中日戦(京セラD)以来となる2勝目を挙げた。秋山は今季チーム初となる完投勝利。

 DeNAは先発今永が4回6失点と試合をつくれず、打線も9回の1点のみにとどまった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月1日のニュース