スカパー!サヨナラ賞 12年7月 広島・石原 楽天・枡田

[ 2018年5月1日 05:37 ]

スカパー!サヨナラ賞 12年7月 広島・石原
Photo By スポニチ

 【12年7月スカパー!サヨナラ賞】広島・石原慶幸捕手と楽天・枡田慎太郎外野手が受賞した。

 石原が躍動したのは7月17日の中日戦(マツダ)。2点を追う9回に同点に追いつき、なおも1死満塁から石原がサヨナラスクイズ。土壇場の大逆転劇で5連勝を飾った。

 必死だった。グラウンドに右膝をついて、必死にボールにバットを当てにいく。思いを乗せた打球が岩瀬の前に転がる。三塁走者の堂林がホームを踏んでサヨナラだ。

 「サインが出たんで、何としても転がそうと、それだけ考えていた」とお立ち台でホッと息を吐き出した。

 枡田は7月10日のオリックス戦(Kスタ宮城)、3―3で迎えた10回2死一、二塁から左中間スタンドへサヨナラ3点本塁打。

 お祭り騒ぎのナインから「水攻め」されても、ダイヤモンドを回る枡田は冷静だった。「ヘルメットを投げてホームに飛び込もう」。本塁手前。その通りにヘルメットを高々と頭上に放った。プロ初のサヨナラ弾。歓喜の渦に飛び込むと、あとはもみくちゃにされた。

 「言葉がないです。積極性が持ち味なので初球から振った。抜けろと思っていたけど、まさか入るとは思わなかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース