スカパー!サヨナラ賞 14年8月 巨人・ロペス ロッテ・田村

[ 2018年5月1日 05:52 ]

スカパー!サヨナラ賞 14年8月 巨人・ロペス
Photo By スポニチ

 【14年8月スカパー!サヨナラ賞】巨人のホセ・ロペス内野手(現DeNA)、ロッテの田村龍弘捕手が受賞した。

 8月26日の巨人―阪神(東京ドーム)で、ロペスが9回サヨナラ中前打。22日の中日戦(同)に続くサヨナラ打に「アリガトネ!センターからライト方向を意識していた」と胸を張った。フルカウントから真ん中低めの148キロ直球をすくい上げ「真っすぐが多い投手というのはあった」と狙い通りだった。

 8月19日のロッテ―オリックス(QVCマリン)では、田村の活躍が光った。同点の9回2死二塁。そこまで3打数無安打で打率・143で「代打かなと少し気を抜いていた」と振り返る。勝負強いベテランの福浦、サブローが代打で控える中、そのまま打席に入った。そして1ボール2ストライクからの4球目。148キロ直球に食らいつくと打球は平野佳の足元を抜けて中前に抜けた。

 「当てれば何とかなると思っていたけど、芯に当たったのに球威に負けて打球が遅くて…。投手に当たるなよ、と思いながら打球を見ていた」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月1日のニュース