スカパー!サヨナラ賞 09年 巨人・亀井 ロッテ・井口 

[ 2018年5月1日 05:31 ]

スカパー!サヨナラ賞 09年 巨人・亀井
Photo By スポニチ

 【09年スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞】記念すべき第1回スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞は巨人の亀井義行外野手とロッテの井口資仁内野手(現監督)が選ばれ、トロフィーと賞金200万円が贈られた。

 セ・リーグ受賞者の亀井は4月25日の中日戦(東京ドーム)で代打逆転サヨナラ3ラン。岩瀬から放った一発を「僕の人生が変わるような1本だった」と振り返る。その後は5番に定着。39年ぶりの球団タイ記録となる、計3本のサヨナラ弾をマークした。

 1シーズン3本のサヨナラ弾は70年の王に並ぶ球団タイ記録となり「サヨナラ男?そういうイメージをファンに持ってもらいたい」と新サヨナラ男襲名に意欲を見せた。

 パ・リーグ受賞者の井口は4月16日、楽天戦(千葉マリン)の延長10回に放ったサヨナラ満塁本塁打が評価され「一番インパクトのあるもの。選んでいただけたことを大変うれしく思う」と振り返る。

 ホワイトソックス、フィリーズなどでプレーしたメジャーから5年ぶり国内復帰となった年に受賞し「野球人生の中で記憶に残る試合」と笑みをこぼした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース