DeNA 今永 4回10安打6失点降板 今季初勝利遠く…

[ 2018年5月1日 19:32 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2018年5月1日    甲子園 )

<神・D>力投するDeNA先発の今永
Photo By スポニチ

 DeNAの今永は今季2度目の先発登板だったが、4回10安打6失点で降板し、初勝利は挙げられなかった。

 初回1死三塁から糸井に先制二塁打を浴び、この後2死一、三塁とされ糸原、俊介の適時打で3失点。2、3回は3者凡退に抑えたが、4回に1死二、三塁とされると投手の秋山の適時打、上本の犠飛、糸井の適時内野安打で2点を失いこの回で降板となった。

 今季は左肩の違和感で出遅れ、初登板となった4月24日の広島戦(横浜)では5回8安打7失点(自責3)で敗戦投手。雪辱を期したマウンドだったが厳しい結果となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月1日のニュース