スカパー!サヨナラ賞 13年6月 阪神・マートン オリックス・高橋

[ 2018年5月1日 05:43 ]

スカパー!サヨナラ賞 13年6月 阪神・マートン 
Photo By スポニチ

 【13年6月スカパー!サヨナラ賞】阪神のマット・マートン外野手、オリックスの高橋信二(現日本ハムコーチ)が受賞した。

 6月9日の阪神―ロッテ戦(甲子園)、マートンは2―3で迎えた9回無死一塁から左翼席に飛び込む逆転サヨナラ本塁打を放ち、4時間を超える総力戦にピリオドを打った。

 「普段はホームランを打つんじゃなくて、ヒット、ヒットのバッターだけど、9回はラッキーイニングになっているんじゃないかと思うよ」。10、11年に最多安打のタイトルを獲得したマートン自身も、VTRのような劇弾に驚く。6日の西武戦で来日初のサヨナラ本塁打。わずか3日後に同じ甲子園、同じ左翼席に逆転サヨナラ弾だ。月間2本のサヨナラ本塁打は球団史上初の快挙だった。

 また、6月28日のオリックス―楽天(京セラドーム)では高橋が試合を決めた。

 1点を追う9回2死満塁で代打起用され、右越えに2点二塁打。外角高めの速球を流し打ち「芯に当たった感触はあったが、抜けてくれと祈りながら走った」と感慨に浸った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年5月1日のニュース