PR:

山口俊、自身初3試合連続完投勝利ならず 9安打8四死球で5回途中6失点降板

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2018年5月1日    マツダ )

<広・巨>巨人先発の山口俊
Photo By スポニチ

 巨人の山口俊投手(30)が5回途中で降板。自身初となる3試合連続完投勝利を逃した。

 山口俊は2回までに味方打線から3点の援護をもらいながら、4回2/3で9安打8四死球6失点と大荒れ。2回、3回と2打席連続で会沢に死球をぶつけた際には両軍選手がベンチを飛び出して一触即発の不穏な空気となり、両チームに警告が宣告される展開となった。

 そして、3回に田中への2打席連続押し出しで3―4と逆転されて迎えた5回、1死一塁から因縁の会沢に左翼線へタイムリー二塁打を浴びると、菊池にもタイムリーを打たれ、マウンドを降りた。

 山口俊の投球内容は4回2/3で118球を投げ、9安打6失点。2三振を奪い、与えた四球は6つ、死球は2つだった。

[ 2018年5月1日 20:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム